VIO脱毛の体験談や施術時の過ごし方について

脱毛の中でも、少しだけ勇気が必要だった箇所といえばVIOラインです。

普段は見えない部分ですが、自己処理が大変難しいですし、IラインやOラインは自分では本当に見えにくい箇所なので、綺麗に剃ったり肌をスベスベに保つことは至難の業なので、脱毛することにしました。

私は現在ミュゼプラチナムの天王寺ミオ店で、VIO脱毛をしています。
VIO脱毛といえば少し恥ずかしそうなイメージや脱毛の手入れが大変痛そうな印象があって心配でした。

しかし、実際来店してみるとガウンや使い捨てタイプのペーパーショーツを用意してくれて、肌をあまり露わに露出せずに施術を受けられたので助かりました。
最近はどこの脱毛エステであっても、VIOの手入れの時はショーツを準備してくれたり、ガウンやバスタオルやブランケットなどで優しく肌をガードして覆ってくれたりするので、恥ずかしさにも配慮された施術が行われています。

肌に優しくジェルを塗ってもらって、肌をしっかりと冷やして貰ってから、機械を使って手際良く光を照射して貰うことが出来ました。
少しパンとした刺激こそありましたが、肌をそっと弾かれる位の微かな刺激で、あまり痛さや不快感も感じずに脱毛できて安心しました。

現在VIOの脱毛を始めて6度経ちますが、濃いむだ毛は一切生えなくなり、毛穴や肌の黒ずみも一切目立たなくなって肌の透明感が高まりました。
予想外に痛みも少なかったですし、デリケートゾーンの黒ずみが改善したので、VIO脱毛して正解でした。